額縁・日本画材料・洋画材料の専門店 ピカソ画房
HOMEへ戻る オンラインショップ
日本画について

画について

額縁について
油彩画の筆
油彩画の筆について 解説します。

 筆の種類
フラット
平筆の基本型で、面塗りや線描きに便利です。面で塗りこみ、エッジを使って線描きにも使用します。
レタッチ
弾力を利用して、ハイライトがつきすぎたと時など、色調を整えるのに使用します。
フィルバート
面塗りや描きこみに便利な筆で、線はやややわらかくなります。
アングル
直線の多い描画に適しています。面で描画を、エッジを使って線描きにも使用します。
ダガー
長めの毛先で斜めにカットされた筆です。緩やかな曲線描きに使用します。
ブライト
毛先が短いので、力強い表現に適しています。ゴツゴツした質感を表現しやすい筆です。
ファン
毛先が扇形の筆です。草や動物の毛並み、また、ぼかしや画用液だけをつけてグラッシュ画法に便利です。
ラウンド
線描き、細部を描くのに使用します。
スクリプト
穂先が長く、長い曲線を描くことができます。

 原毛について
油絵具独特のねばりに負けない弾力と耐久性があります。1本の毛先が2~3本に分かれているのが特徴です。中国重慶産の原毛を日本で毛を痛めないように晒した飴色のものが最も良質とされています。
シベリアから中国東北部でとれるもので、雄の尾毛は毛が長く最も優れたものとされています。毛の形状がきれいな紡錘形をしており、バネのような弾力があり、筆に作った時に特に穂先のまとまり、絵具の含みの良いのが特長です。
豚毛の次に弾力がある中硬調の毛です。毛が管状で、豚毛の飴色に比べてまだら模様をしているのが特徴です。
弾力と穂先のまとまり、絵具の含みの良さを持っており、ロシア・中国などのイタチが優れたものとされています。コリンスキーを含めて総称してセーブルと呼ぶのが一般的で、日本画、水彩画の筆としても利用されます。
日本産や中国産の狸毛が良質で、背中の毛を利用します。絵具の含みが良く、軟調の毛質なので、うすい絵具を塗るときやデリケートな部分を描くときに使います。
ヨーロッパ・韓国・中国・南米産の雄牛の耳の毛を利用します。絵具の含みが良く、弾力があるのが特徴です。やや軟調なので油彩画の軟毛筆や水彩画筆として利用されます。
最も一般的な筆用の毛で、ほとんど全身の毛が使われています。マングースより軟らかい毛質で、油彩画筆、水彩画筆、日本画筆に利用されています。
ロシア・中国産の原毛が良質とされています。弾力はありませんが、絵具の含みや、穂先のまとまりが良いのが特徴です。
特殊加工した画筆用合成繊維です。天然毛の特徴であるキューティクルにより近い、ウォータースポットと呼ばれる凹凸がつけてあり、合成繊維毛にありがちな、絵具の含み不足をカバーしています。さらに絵具の含みを良くするために、複数の原毛を混ぜて筆にしています。
量産できるので安価ですが、リセーブル毛のように特殊処理していないため、絵具の含み、微妙なコシの粘りにやや不足があります。

 筆の手入れ
筆を使ったら
1. 油絵具で汚れた筆は、筆の根元までブラシクリーナーでよく洗い、新聞紙で油分をふき取ります。
2. 石けんをつけて、ぬるま湯で手のひらで円を描くように洗います。
3. よくすすいでリンスをしたら、筆先を揃えるように布で水気をよくとります。

リセーブル筆に毛グセがついた場合
1. 筆の先が曲がったときや、クセがついた場合は熱湯(80~100度)を容器に入れ、容器の壁に筆の穂先を押し付けて、数分間矯正します。
2. 取り出したら湯部で形を整えて、自然乾燥させます。

2006 PicassoGabo. All rights reserved. 有限会社ピカソ画房